そうだ!小梅を飼おう!

豆柴 小梅との生活。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アホ姉妹:姉です。

関東もいよいよ梅雨入り。
外に散歩に出るようになって、なるべく屋外でウンチョスをする癖がついてしまった小梅を抱える姉妹にはつらい季節だ。
そこで私たちは思いついた。
うちにはベランダがあるじゃあないか。
ベランダだって外は外。
リードをつけて歩かせたら、散歩と勘違いしてウンチョスしてくれるんじゃないの?
そしてもしベランダでしてくれるようになったら、今日みたいに雨降りの日でも、私たちも小梅も楽ちんだ(姉妹→雨の中散歩にいかなくていい 小梅→ウンチョスを我慢しなくていい)。
というわけで、早速実行してみた。


結果:惨敗


5分ばかりベランダをうろうろと歩いてみたけど、ウンチョス発射の気配ナシ。
これが本当の散歩なら、さっくり一、二本はひり出しているところだというのに。
何かと一筋縄ではいかないな小梅ってば……。


なお、その後我慢し切れなくなったのかリビングの床に大量ウンチョス。
したのは良いのだが、そこはトイレじゃないよね小梅……。
スポンサーサイト
何がって、朝鳴きが!!

小梅のゲージが置いてあるリビングのカーテンに遮光カーテンをつけたら、その日から朝鳴きがぴたっと止まりました。
やっぱりポイントは明るさだったのかー。
でもまだまだ油断はできない。
これからの季節、次の問題は暑さ対策です。
とりあえず、アルミの冷却板は用意してみました。

いろいろとアドバイスくださったtarokun@mamaさん、ありがとうございました!
アホ姉妹:姉です。

小梅は、我が家に来て二週間目の4月半ばからドッグトレーナーの倉田さんの訓練を受けている。
週に一度、土曜日の午後に我が家に来てもらい、お座りや待て、伏せなどの基本動作や散歩時の歩き方叱り方などなど、小梅のしつけ、訓練と飼い主であるアホ姉妹にもその方法を伝授していただくのだ。
しかし、倉田さんはさすがプロだ。
指示する動作が一々決まっていてカッコいい。
それに従う小梅の動きまできびきびして見える。

<倉田さんの指示で、立って待てをする小梅>

060603_3


それに引き換えアホ姉妹は。
さすが素人、同じようにしているはずなのにどことなく間が抜けている。
小梅の動きもどこか緩慢なように思うのは、気のせいじゃないと思う。

<姉の指示で、座って待てをする小梅>

060603_2


訓練を受けるようになってからもう二ヶ月近く、最初は10分も持たなかった小梅の集中力も、最近ではかなりもつようになった。
そのせいだろうか、訓練の後はいつもお疲れモードの小梅たんです。

060603_1


えーっと、膝の上で寝られると、足が疲れて痺れてこちらもかなりきついのですが。。。
近頃、小梅の朝鳴きがひどい。

少し前までは5:30頃、最近では4:30頃に、
「ギャイン、ギャイン」と、ものすごい声で鳴くのだ。
さすがに4:30は早すぎるので、1時間ほど鳴き声に耐え、
5:30頃に仕方なく起きて、ご飯をあげて散歩に出る。

5:30ならまだいい。しかし4:30はちょっと・・・
時間が早まった原因は何なのか。
お腹が空くのが早くなったから?或いは、日の出の時間が早くなったから?

後者であることに期待し、明日は遮光カーテンをゲットしにスーパーへ。
遮光カーテンにより、朝はまだだな、と小梅が騙されてくれることを切に願う!!!

っていうか、朝鳴きしない方法があったら情報プリーズ!
こんな目覚まし、要りませんから・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。